育毛剤で起こりうる副作用とは

育毛剤については、最初から薄毛治療に開発されたものもあれば、別の治療薬に使用していたところ、偶然、その効果が発見されたものもあります。
また、薄毛の改善効果を強めようとすると、その成分の含有量を増やしたり、化学添加物を配合することになることから、副作用を引き起こす可能性もありますので、どのような副作用があるのか、十分に把握しておくことが注意が大切です。

育毛剤の副作用として、数多くの事例が取り上げられているのが、性的不能、性欲減退、精液ボリュームの減少といった症状です。
男性型脱毛症を発症を抑える効果が、勃起不全や精子の減少など男性機能の低下といった副作用につながったものですが、これは、男性ホルモンが男性型脱毛症の原因であることから、それらを抑制したことが原因です。
また、こういった成分を含んだ育毛剤を使用している場合、献血をすることはできませんし、皮膚を通して胎児に影響を及ぼす場合もありますので、取り扱いには十分、注意する必要があります。

頭皮のかゆみ、湿疹、ニキビや吹き出物といった肌アレルギーも育毛剤の副作用としては、よく取り上げられる事例です。また、これらが原因で、さらに薄毛が進行したという事例もあります。
重度の場合には、かゆい肌をかきむしっただけでも頭皮が剥けてしまうこともありますので注意が必要ですが、これは、育毛剤に科学添加物が含まれていることが主な原因と考えられており、特に敏感肌の方は注意が必要です。
なお、こういった症状が出てきた場合は、早期に皮膚科に相談することが大切です。

肌アレルギーに加え、低血圧、多汗症、多毛症、頭痛、不整脈、動悸、手足や顔のむくみや痺れ、性欲減退、体重増加、胸の痛みといった症状が出ることもあります。
こういった症状は、有効成分に含まれる血管拡張作用により起こる副作用ですが、併せて血圧を下げる効果もあるため、低血圧の人や心臓が弱い方には特に注意が必要です。

薄毛が進行したら育毛中止?それとも育毛剤を変える?

薄毛の悩みは、根の深いものがあり、一度悩み始めると、1日中気になって仕事も手につかないという人も少なくありません。
そのため、副作用の危険性が分かっていても、強い成分を含んだ育毛剤を購入する人は、後を絶ちませんし、多少の副作用は我慢して使い続ける人も少なくありません。

しかしながら、副作用は重大な問題を引き起こすこともありますから、何らかの症状が発症したら、即刻、使用を中止しなくてはなりません。その上で、別の育毛剤への変更を検討することが最適な方法です。
育毛そのものを中止すべきか悩む人も少なくありませんが、育毛を中止することで、メンタルの問題を引き起こすこともありますから、副作用のない範囲で続けることが得策です。

副作用によって育毛剤を変更する場合、まず、どういった副作用の症状があったのか検証します。また、現在使用している育毛剤の主成分を確認します。
この2点を押さえることで、副作用の原因となった有効成分を絞り込むことができますから、それらが含まれていない、育毛剤を選ぶことで薄毛の進行を止めることは可能です。

ただし、それだけでは、再度、別の副作用が生じる可能性もありますから、新しく使用する育毛剤で、必ずパッチテストを行って、皮膚の状態を確認することが重要です。
また、肌アレルギーの疑いがあったり、湿疹が出やすい人は、皮膚科などで事前に相談することも良い方法です。
皮膚科であれば、医学的な見地から副作用の可能性を探ってくれますので、とても安心して使用することができます。

また、使用上の注意は必ず守ることも重要です。
早く薄毛の進行を止めたいからと、適正な使用量を超えている人も少なくありませんが、かえって薄毛を進行させたり、副作用を引き起こしたりする可能性がありますので、適量を守ることが大切なのです。